ポンコツの日々

日経平均が584円のマイナス / 欧州サッカー界が荒れている

本日の日経平均は前日比-584円と急落しました。

大阪府が緊急事態宣言を政府に要請する見込みとなったことが要因のようです。

東京も同様の要請を行う動きがありますし、経済的には再び大きな打撃になりますね。

しかし、そんな地合いの中でも保有株の含み損益は前日比で6,600円のプラスとなりました。

昨日ストップ高のディ・アイ・システムが意外と粘ったことと、ジーニーが大きく値を上げたことでなんとか含み益を上乗せすることができています。

ただ、15万円チャレンジの保有株の方は2銘柄とも調整となりましたね。

明日も軟調な地合いが予想されますが、どこまで持ちこたえてくれるでしょうか。

 

話は変わって、欧州のサッカー界が何やら揉めてますね。 

各リーグの強豪クラブが、独立リーグである「欧州スーパーリーグ(ESL)」の創設に合意したことで、欧州サッカー連盟や政界からも反対の声が上がっているとのことです。 

個人的にはチャンピオンズリーグでたまに対戦するから面白いわけで、リーグ戦となるとちょっとありがたみが薄れるな~なんて思ってしまいます。 

選手たちは試合が増えることでかなり酷使されることが予想されますが、この件についてはどう思っているのでしょうか。

また、欧州サッカー連盟は早速、ESL創設を表明したクラブに対してチャンピオンズリーグへの参加を認めない処分を検討するなど、泥沼化の様相を呈しています。 

私はそこまでコアなサッカーファンではないのですが、この件については非常に興味がありますので、今後の動向を注視していきたいですね。

-ポンコツの日々
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.