ポンコツの日々

全保有株が前週末比プラスも、日経平均の大幅高の恩恵はない

本日の日経平均は6日ぶりに反発し、23,000円台を回復しました。

保有株も全銘柄が前週末比でプラス引けとなりましたが、全て出来高が減少している中での微増といった状況ですので、含み損益に与える影響は軽微でした。

ただ、本日はついにトビラシステムズが連敗ストップを果たしてくれたという点が一番のトピックです。

前場は1,500円を割る場面があるなど、引き続き厳しい状況に変わりはありませんが、年末にかけてゆっくり値を戻していってほしいと思います。

さて、いよいよ大統領選です。

バイデン有利、トランプが勝つ、情報が錯そうしていて何が本当かよくわかりませんが、個人的には、開票後にすんなりと大統領決定とはいかないのではないかなと思っています。

法廷闘争になって、もうしばらくこの不安定な地合いが継続するのではないかと・・・。

どちらにせよ、明後日は大きく動くことになるのではないかと思いますので、どちらに転んでも良い様、心の準備をして臨みたいと思います。

-ポンコツの日々
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.