初心者向け情報

ミニ株(単元未満株)のメリット・デメリット。初心者はミニ株で実戦経験を積もう。

ミニ株(単元未満株)というサービスをご存じでしょうか。

株式投資に興味がある方や、やってみたいけど大きな損はしたくないという方にとっては非常に便利なサービスであり、ミニ株(単元未満株)の活用は初心者や小資金の個人投資家にとって多くのメリットがあります。

今回はそんなミニ株(単元未満株)について、詳しくみていきましょう。

ミニ株

ミニ株とは

ミニ株は、普段取引を行っている単元数(100株)の1/10単位で取引ができる方法で、通常よりも少ない資金で株式を購入することができるというメリットがあります。

「株式投資を始めてみたいけど、小資金しかないから有名企業の株は買いたくても買えない・・・」などと思っている方にとって、ミニ株は非常におすすめです。

例えば、株価が8,000円の有名企業の株式を購入しようとした場合、単元株数が100株であれば80万円の資金が必要になりますが、ミニ株であれば8万円で購入することができる為、少ない資金で有名企業の株主になることも可能になるのです。

ちなみに、ミニ株は”株式ミニ投資”の通称です。

ミニ株の配当金や優待

気になる配当金ですが、保有している株式の数に応じて、ミニ株にも配当金は支払われます

また、もし株式分割を行う場合は、保有している株数に応じて新たに配分されることになりますが、議決権の行使はできません。

次に株主優待に関してですが、こちらは単元未満ということで優待が受けられません。

優待を受ける為には指定の単元数に達する必要がある為、株主優待目的でミニ株を始めたい方は注意しましょう。

*一部例外として、単元数に関わらず優待を提供している企業もあります。

メリット

ミニ株を活用するメリットとしては、以下の様な点が挙げられます。

  • 少額で売買できる為、損失を抑えられる
  • 普段買えない高株価企業の株式を購入できる
  • 精神的な負担を抑えながら、実戦経験を積める
  • 小資金でポートフォリオを構築できる(リスクを分散できる)

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

少額で売買できる為、損失を抑えられる

ミニ株の大きなメリットとして、少額で株式投資を始めることができる点が挙げられます。

投資額が小さいことは、たとえ株価が下落したとしても損失が少なくて済む為、通常の単元数での売買に比べて精神的にも経済的にも負担の軽減に繋がってきます。

普段買えない有名企業の株式を購入できる

誰もが知っている有名企業には株価が高い値嵩株(ねがさかぶ)が多く、小資金しか投資に回せない場合は購入を検討することすらできないことが多いです。

しかし、ミニ株ではそんな有名企業の株式も数万円程度で購入できるようになる為、憧れの有名企業の株主になることも夢ではありません。

例えば、値嵩株の代表格である任天堂【7974】やユニクロでお馴染みのファーストリテイリング【9983】などを、自身の資金に応じた株数で購入することも可能です。

精神的な負担を抑えながら、実戦経験を積める

初心者が株式投資を行う上で、含み損になっている株式を保有し続けたり、株価の変動が激しい銘柄を保有したりすることは、精神的に大きな負担がかかります。

この記事を書いている今(2020年3月)も、新型肺炎の影響による世界的な株価の暴落や乱高下で資産の数十パーセントをたった2,3日で失ってしまったりと、多くの投資家が精神的に擦り減ってしまっていることでしょう。

しかし、ミニ株であればそういったし、少額投資であるが故に、ある程度リスクをとりながら市場での実践経験を積むことができます。

小資金でポートフォリオを構築できる(リスクを分散できる)

通常、少額の元金だと一度に購入できるのは数銘柄程度という場合が多いと思います。

しかし、ミニ株であれば同じ元金で多くの銘柄を購入できる為、ポートフォリオを構築してリスクを分散させることができます。

これにより、1銘柄に全資産を投入して運命共同体となる様な状況を回避し、複数の銘柄を保有することで1銘柄で損失を出しても他の銘柄でカバーするというような状況をつくることができれば、大きな損失を防ぎやすくなるでしょう。

デメリット

ここまではミニ株のメリットについてみていきましたが、デメリットとなる点も挙げたいと思います。

  • リアルタイムでの売買ができない
  • 手数料がかかる
  • 大きな利益が狙えない
  • 取り扱い証券会社が限られる

では、デメリットについても詳しくみていきましょう。

リアルタイムでの売買ができない

ミニ株は通常の取引と違い、リアルタイムの株価での売買ができません

取り扱い証券会社によって異なりますが、注文を出した時間によっては翌日に取引が成立することもあり、自分が購入したい価格で購入できない点はデメリットとして挙げられます。

手数料がかかる

”1日50万円まで手数料が無料”や”投資信託購入の際の取引手数料無料”など、証券会社の手数料無料がスタンダードになってきつつある中、ミニ株は株式を売買する際に手数料がかかります

ただ、現在も通常単元の取引手数料は無料化の流れが続いていますので、将来的にはミニ株の手数料体系も見直される可能性はあります。

大きな利益が狙えない

ミニ株の良さは少額で株式の売買ができる点にあります。

したがって、株式投資の醍醐味でもある大きなリターンは狙いにくいですし、信用取引などもできません

ただ、初心者のうちは大きなリターンを狙っていくよりも、まずは相場に慣れることが先決ですので、ミニ株で経験を積んで通常の単元数での売買へ移行した方が失敗は少ないと思います。

取り扱い証券会社が限られる

活用の仕方次第では非常に便利なミニ株ですが、全ての証券会社がこのサービスを取り扱っているわけではありません。

ミニ株を取り扱っている証券会社については、こちらを参考にして下さい。

ミニ株(単元未満株)を始める為のおすすめ証券会社3社+2社。

ミニ株(単元未満株)は、株式投資に興味がある方や小資金の投資家にとって非常に魅力的なサービスです。 しかし、ミニ株(単元未満株)のサービスは、全ての証券会社で提供しているわけではありません。 本記事で ...

続きを見る

まとめ

ミニ株のメリット・デメリットについて紹介しましたが、活用の仕方次第では非常に便利なサービスになります。

特に株式投資に興味はあるけど元金が用意できないからといって諦めている方にとっては、少ない資金で取引経験を積める点は有益です。

今はミニ株以外にもネオモバイル証券やLINE証券といった、より手軽に株式投資を始められるサービスも増えてきていますので、まずは口座を開設し、余裕資金の範囲でミニ株から株式投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

=関連記事=

LINE証券が株初心者におすすめな理由

コミュニケーションツールとして多くの方に馴染みがある「LINE」ですが、2019年8月より子会社が大手証券会社と組んでLINE証券を設立しました。 LINE証券は主に単元未満株を扱う証券会社で、初心者 ...

続きを見る

ネオモバでTポイントを投資に活用!初心者にもおすすめ。

SBIネオモバイル証券が提供するネオモバは、手持ちのTポイントを使って株が購入できる為、気軽に投資を始めることができるのが特徴です。 また、1株からでも株を購入でき、株式投資に興味はあるけど資金がなく ...

続きを見る

-初心者向け情報
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.