初心者向け情報

逆指値とは?指値と逆指値を使いこなす。

株式を売買する際の注文画面に出てくる「逆指値」という注文方法ですが、うまく活用できているでしょうか。

普段頻繁に株価の確認ができない個人投資家や兼業投資家にとって、逆指値を使いこなせるかどうかは運用成績に非常に大きな影響を与えます

今回は逆指値とはどういうものなのかといったところからおすすめの活用方法までを掘り下げていきますので、しっかり理解して今後の取引に活かしましょう。

指値

指値注文とは

指値とは、自身が取引したい価格を指定して注文する方法です。

”買い”の場合は上限価格を指定して株価がその価格まで下落してきた場合に注文が成立することになり、”売り”の場合は下限価格を指定して株価がその価格まで上昇してきた場合に注文が成立する事となります。

メリット

指値注文を行う一番のメリットは、自身が希望する価格で売買ができるという点です。

あらかじめ設定しておいた価格になれば自動的に注文を入れてくれる為、常に株価を監視しておく必要がなく、日中に売買注文を出すことができない方にとっては非常に便利な注文方法になります。

ただ、注意すべき事として希望する価格に達しない場合は購入ができないことが挙げられます。

*指値については、こちらの記事で詳しく取り上げています。

指値?成り行き?株の注文方法を使い分ける。

続きを見る

逆指値

逆指値注文とは

逆指値とは、株価があらかじめ指定した価格以上になれば買い、あらかじめして指定した価格以下になれば売るという注文方法です。

指値の場合は「指定した価格以下で買い」「指定した価格以上で売り」という設定になりますので、その逆の注文方法となることから逆指値と呼ばれています。

逆指値をうまく活用すればリスク管理や利益確保が行いやすくなりますので、非常に有効な注文方法になります。

メリット

逆指値は、日中に株価を頻繁にチェックできない兼業投資家にとって、非常に便利な注文方法です。

新規の買いや保有株の売りに対して、あらかじめ決めておいた価格になれば確実に注文を出してくれますので、日中に大きく株価が動いた時でもタイムリーに対応することが可能です。

サラリーマンや家事・育児に忙しい方は、この逆指値の活用で大きく運用成績が変わってくると思いますので、確実に使いこなせるようになりましょう。

注意点

逆指値には、「指値」「成行」という2つの注文方法があります。

”逆指値は指値の逆”と理解していた方には少し紛らわしいですが、逆指値自体は”指定した価格になったら注文を出す”というものになりますので、指定した価格に到達した後に「指値」で注文するか「成行」で注文するかを選ぶということです。

楽天証券が提供するツールであるiSPEEDの画面を例に詳しく説明します。

株価868円の楽天(4755)を900円まで上がったら買いたいと考えた場合、逆指値の注文画面から市場価格条件を900円に設定し、”指値900円”と設定するか、”成行”と設定するかを選択することになります。

選択の際のポイントととして、必ず購入したい場合は成行で注文しておくことをおすすめします。

上の指値の例の場合、株価が900円まで上昇してきて900円で指値注文が出されたとしても、そのまま上昇して900円まで下がってこなければ購入することはできません。

私自身、これによって何度か買い逃しや売り逃しを経験しています。

特に損切りでの売り設定の際は致命的な状況になりかねないので、指値の場合は逆指値で設定した価格に少し余裕を持たせて設定した方が良いでしょう。

指値と逆指値の違い

指値と逆指値について、違いを簡単にまとめます。

【買い】

 指値  ⇒ 事前に指定した価格まで、株価が下がってきたら注文

逆指値  ⇒ 事前に指定した価格まで、株価が上がってきたら注文

【売り】

 指値  ⇒ 事前に指定した価格まで、株価が上がってきたら注文

逆指値  ⇒ 事前に指定した価格まで、株価が下がってきたら注文

逆指値のおすすめの使い方

ここからは、逆指値のおすすめの使い方についてみていきます。

具体的な活用方法としては、次の3つが挙げられます。

  • 損失の拡大を防ぐ
  • 利益を確保する
  • ボックス圏からの上抜け

それぞれ、詳しく説明します。

損失の拡大を防ぐ

最も多い活用の方法であり、最も重要な活用の方法であると思います。

日中に株価をチェックできない兼業投資家の方にとっては、市場で急な下落があったりしてもすぐに注文ができません。

昼休憩や夕方以降に株価をチェックして下落を知り、慌てて注文を出したときには既に損失がかなり大きくなっていたというのはよくあるパターンです。

そういった事態を防ぐ為に逆指値をあらかじめ設定し、自身がすぐに対応できない時でも自動的に注文を出せるようにしておけば安心です。

また、個人投資家では苦手な人が多い損切りですが、逆指値を使ってあらかじめ損切り価格を決めておくことで、指定の価格に到達したら何の感情もなく機械的に損切りが実行できる点も大きなメリットです。

利益を確保する

購入した銘柄の株価が上昇し、含み益が大きくなってきたとします。

含み益は確定させないと利益になりませんので、せっかくのチャンスを逃さない様に、高値から数%下げたところで売りの逆指値設定をしておきましょう。

そうすれば上昇トレンドが終わって下降トレンドに入ったとしても、非常に高い位置で利益確定をすることができます。

私はこれをしなかったばかりに泡と消えた含み益がかなりありますので、含み益が大きくなってきたときはマメに設定を切り上げていくことをおすすめします。

ボックス圏からの上抜け

ここまでは”売り”を中心とした活用法でしたが、今回は”買い”についてです。

一般に、株価がボックス圏で推移していたものが上抜けすると、上昇が始まるサインとされます。

このサインを見逃さず、ボックス圏から上抜けしたところや直近高値を超えてきたところで買い注文を入れることができれば、上昇トレンドの初動に乗ることができるかもしれません。

頻繁に株価をチェックできない場合はタイミングよく注文を出すのが難しいですが、逆指値を使って買い注文を入れておけば、上昇のサインを逃さずにタイムリーな対応が可能になるのです。

まとめ

逆指値を活用することで、普段頻繁に株価を確認できない方でもかなり投資の幅が広がることが理解頂けたかと思います。

指値と逆指値をうまく使い分け、相場に張り付かなくても思い通りの注文がタイムリーに出せる様になりましょう。

-初心者向け情報
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.