頑張れ!創業社長!!

【6072】フレアス =目指せテンバガー=

2019年に新規上場を果たしたオーナー企業を紹介する「頑張れ!創業社長」のコーナーです。

このコーナーは、テンバガー銘柄の発掘を狙いとしております。

ポンコツ
テンバガーとは、株価が10倍になった銘柄、またはなりそうな銘柄のことを意味しています。

株式投資を行うなら一度はテンバガー銘柄を保有してみたいと思う方も多いと思いますが、過去の傾向より、テンバガー銘柄の共通点として下記の条件が挙げられます。

  • 時価総額300億円以下
  • 上場してから5年以内
  • 株価が500円以下の低位株
  • オーナー企業で、創業者が筆頭株主

他にも業種や成長性などの条件を挙げられることもありますが、概ねこのような条件の銘柄がテンバガー銘柄となる可能性が高いです。

このコーナーで新規上場のオーナー企業を紹介することで、憧れのテンバガー銘柄選びの参考にして頂ければと思います。

今回は、3月に上場したこの企業を取り上げます。

フレアスのHPはこちらから

創業社長

社長紹介

では、見事東証マザーズに上場を果たした創業社長をご紹介します!

澤登 拓社長です!!

写真から、非常に誠実で真っ直ぐな印象を受ける社長さんです。

澤登社長は山梨県生まれ。

1991年から北京中医薬大学に留学され、帰国後、東海医療学園専門学校を卒業。1999年にあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格を取得し、2000年に山梨県にある実家の応接間で在宅マッサージ事業をスタートさせています。

同年に「ふれあい在宅マッサージ」を設立され、2011年に社名を「株式会社フレアス」に変更。現在は全国に事業所を展開しています。

著書に、「今すぐ始めたい人の在宅マッサージ入門」があります。

澤登社長のfacebookはこちら

株主へのメッセージ

株主の皆様には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

株式会社フレアスは、2019年3月28日に東京証券取引所マザーズ市場へ上場いたしました。
これもひとえに皆様の温かいご支援の賜物と、心より御礼申し上げます。

内閣府が実施した調査結果によると(注1)、自宅で最期を迎えたいという高齢者の方は高齢者全体の半数以上にのぼっています。その一方で問題視されているのが、看取り難民の増加です。2030年には、自宅、介護施設、病院、いずれの場所でも人生の最期を迎えられない方が40万人に達すると言われています(注2)。
この社会問題に対して、在宅マッサージをはじめとした訪問サービスで、日本の看取り難民をゼロにし、ご利用者様の時間の価値を最大化する。
これこそ、フレアスが目指すビジョンであります。

そのために認知度の向上、サービス品質の向上、ITを活用した環境整備、女性活躍や障がい者の活躍を中心としたダイバーシティの推進、星野リゾート様との事業提携、コンプライアンスの強化などに取り組んで参りました
さらに今後も、介護施設や医療機関、行政との取り組みを一層強化し、地域包括ケアシステムをはじめとした社会的な活動に貢献していきたいと考えております。

まずはこの社会問題における先進国でもある日本の看取り難民ゼロを実現し、
そして、ゆくゆくはアジア、世界へ挑戦してまいります。

サービス利用者の皆様、お取引先の企業様、株主の皆様及び全ての関係者の皆様方のご協力により、社会問題に挑戦する機会をいただけていることに感謝申し上げます。
上場により、株主の皆様のご支援を事業スピードの加速につなげると共に、社会問題の解決に向けて、精進してまいりますので、これからも皆様のご指導をよろしくお願いいたします。

(注1)内閣府「平成24年度高齢者の健康に関する意識調査結果」内「最期を迎えたい場所」より
(注2)厚生労働省「入院・外来・在宅医療について(総論)」内「死亡場所別、死亡者数の年次推移と将来推計」より

HPより引用

社会問題である超高齢化社会に対し、在宅マッサージをはじめとした訪問サービスで社会に貢献したいという熱い想いが感じられるメッセージですね!

では、フレアス株式会社の会社概要をみていきましょう。

会社概要

会社理念

人と人とのふれあいを大切にし社会貢献すると共に、社員の物心の幸せを追求する

フレアスは自分の利益だけを求める利己的な考えではなく、広く社会のために貢献しようという「利他の心」を大切にしています。

事業内容

下記、株式会社フレアスの事業内容になります。

在宅医療マッサージサービス会社。

あん摩マッサージ指圧師によるマッサージサービス(保険適用マッサージサービス、保険適用外マッサージサービス、SPAサービス)の提供、訪問看護サービスの提供。

主力の保険適用マッサージサービスは全国300名を超える直接雇用のあん摩マッサージ指圧師による在宅マッサージや針灸サービスを全国事業所(39都道府県、97マッサージ拠点、2019年6月)で展開。

保険適用外マッサージサービスは宿泊施設ブランド「界」(星野リゾート)で保険適用外マッサージサービスを提供。

2017年星野リゾートと業務提携契約。

引用:マネックス銘柄スカウター

銘柄分析におすすめのツール”マネックス銘柄スカウター”を利用したい方はこちらからどうぞ!!

株式会社フレアスは、より高い技能を基に利用者の満足度を高める「高付加価値マッサージ」を国家資格者であるマッサージ師によって在宅訪問で提供するサービスカンパニーです。

セグメントでは9割以上をマッサージ事業が占めており、在宅医療者向けの訪問マッサージや温泉旅館・リゾートホテルでのマッサージサービス等が中心となっています。

在宅マッサージ事業については、下記のようなビジネスフローとなります。

引用:2019年3月期 決算説明資料

特徴・強み

◆正社員マッサージ師の配置と技術品質の維持

全国の各拠点にマッサージ師を手厚く配置し、丁寧な対応を実施。豊富な施術実績を背景に、技術主任がOJTで技術指導。

◆先進的なマッサージを提供

リンパ、腱、内臓にアプローチする先進的なマッサージを施術

◆高い稼働率で高効率経営

高水準のマッサージ師稼働率

業績・指標

売上推移

売上はきれいな右肩上がりのグラフになっておりますが、利益面では一気に下落予想となっております。

これは、あん摩マッサージ指圧師の正社員の人員不足を高コストの業務委託により補完したことに伴う売上総利益率の低下や、採用コストの増加等が要因です。

施術には専門的な技術を必要とするだけに、今後も人材確保と離職率を低下させることは課題となるかもしれません。

指標

1/20現在の株価は1,124円です。

PERがすごいことになってしまっていますね。。。

ROEROA、自己資本比率などは優秀な水準です。

時価総額はテンバガー要件を満たす低い水準ですが、大きく下方修正された利益面を考慮すると割高感は否めないですね。

配当はまだありません。

チャート

上場からの週足チャートです。

上場から下降トレンドに入り、10月上旬頃に切り返しを見せるかと思われましたが、11月上旬の業績下方修正IRにより窓を開けて下落を継続しています。

このチャートを見る限り、購入には少し勇気が必要ですね。

日足チャートも下降トレンドを継続している為、もう少し様子をみた方が賢明かもしれません。

まとめ

下方修正の要因となった人材不足と離職率改善などの課題をクリアしない限り、すぐに反転しての成長は難しいかと思います。

ただ、超高齢化社会に向けて需要は継続して見込めるでしょうし、人材確保の課題が改善されたときは魅力的な投資対象として大いに検討できると思います。

利益面での反転の兆しが見え、底に近いところを見極めてエントリーできれば、長期スパンでのテンバガー達成に期待しても良いと思います。

 

以上、株式会社フレアスの銘柄紹介となります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ テンバガーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-頑張れ!創業社長!!
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.