本日のポンコツぶり

2021.5.20_本日のポンコツぶり

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

+145,749

(前日比 +28,000

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【コメント】

ジーニー【6562】は続伸

前日比+13円+1.10%)で着地。

出来高減少傾向。朝一でもみ合ったあとはすぐに上昇し、1200円を挟んで上下。後場に入っても同水準でもみ合ったまま取引終了。

ディ・アイ・システム【4421】は続伸

前日比+1円+0.11%)で着地。

出来高は相変わらず極少。全く市場に見向きもされない状況が続いている。

スプリックス【7030】は続伸

前日比+119円+10.72%)で着地。

出来高は前日比で3倍以上に増加。寄付きから上昇を続け、後場に入って上昇一服も、値を下げないまま取引終了。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)

159,700円

本日の実績:取引なし

 

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

75,000

+9,700

+9,700 12.93%
月間

6,250

0 0

0%

【市況】

日経平均は53円高で小反発。朝安後に切り返す展開も上値は重い

日経平均株価
始値  27875.50
高値  28176.87(14:31)
安値  27821.96(09:00)
大引け 28098.25(前日比 +53.80 、 +0.19% )

売買高  9億9465万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆1734億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は反発、朝安後に切り返す展開だが上値も重い
 2.前日の欧米株が軟調でビットコイン価格の急落も心理冷やす
 3.2万8000円台を割り込んだ水準では押し目買い需要旺盛
 4.半導体関連買われ、鉄鋼、非鉄など景気敏感株に売り目立つ
 5.売買代金は膨らまず、2.1兆円と4月26日以来の低水準

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比164ドル安と3日続落した。ビットコイン価格の急落で投資家心理が悪化するなか、景気敏感株を中心に売りが優勢となった。

 東京市場では、日経平均株価は売り先行で始まったがその後は下げ渋る展開でプラス圏に浮上。前場は前日終値を挟み不安定な動きだったが、後場は買いが厚くなった。

 20日の東京市場は、朝方取引開始前はリスク回避ムードが強かった。前日の欧州株市場が総じて軟調だったことに加え、米国株市場でもNYダウ、ナスダック総合指数ともに3日続落と下値模索の動きが続いており、これが買い手控え要因となった。ビットコインをはじめ仮想通貨が軒並み急落しており、これが投資家心理を悪化させている。ただ、日経平均が2万8000円台を下回る場面では値ごろ感からの押し目買いが入り下値抵抗力を発揮した。ただ上値も重く、2万8100円近辺で強弱感を対立させ、大引けは2万8000円トビ台で着地した。セクター別には半導体関連が高く全体を牽引、一方で鉄鋼、資源、非鉄など景気敏感株の下げが目立った。東証1部の売買代金は2兆円台はキープしたものの盛り上がりを欠き、4月26日以来の低水準だった。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.