本日のポンコツぶり

2021.4.15_本日のポンコツぶり

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

+76,749

(前日比 +1,200

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【コメント】

ジーニー【6562】は続伸

前日比+37円+4.22%)で着地。

前日比で出来高激増。寄付きから急騰して900円超え。そのまま高値圏で推移して大幅高。

ディ・アイ・システム【4421】は続落

前日比ー11円ー1.14%)で着地。

出来高は前日の半分ほどに減少。まとまった売り以外、ザラ場中の取引はほぼなし。

アドウェイズ【2489】は反落

前日比ー22円ー2.46%)で着地。

出来高は前日比で少し減少。朝安後は大きな動きなく大引けまでヨコヨコ。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)

159,700円

本日の実績:取引なし

 

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

75,000

+9,700

+9,700 12.93%
月間

6,250

+6,400 +6,400

102.4%

【市況】

日経平均は21円高で小反発。景気敏感株が買われプラス圏で着地

日経平均株価
始値  29573.90
高値  29787.66(09:51)
安値  29558.55(09:00)
大引け 29642.69(前日比 +21.70 、 +0.07% )

売買高  9億4138万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆0200億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小反発、手掛かり材料難のなか売り買いとも手控え
 2.朝方は売り先行後すぐにプラス圏に切り返したが上値も重い展開
 3.グローバル景気回復期待から海運や鉄鋼など景気敏感株買われる
 4.16日の日米首脳会談の結果を見極めたいとの思惑から模様眺め
 5.商い低調で、売買代金は2兆円をわずかに上回る水準にとどまる

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比53ドル高と3日ぶりに反発した。新型コロナワクチン接種進展による経済正常化が期待され、景気敏感株を中心に買いが優勢となった。

 東京市場では、方向感の定まらない不安定な展開となった。日経平均株価は朝方売り先行で始まった後急速にプラス圏に切り返したが、その後は再び値を消し大引けは小幅プラス圏で着地した。

 15日の東京市場は、前日の米国株市場で主要株指数が高安まちまちとなったこともあり、手掛かり材料難のなか売り買いともに手控えられる展開となった。寄り付きは売りが優勢だったが、その後は切り返し急で170円程度の上昇をみせる場面もあった。しかし買いは続かず、そこから次第安の展開に変わり、後場は前日終値を挟んで狭いゾーンでの往来となった。米国を中心とするグローバル景気の回復期待から海運や鉄鋼などの景気敏感株が買われる一方、半導体関連などが利食われる格好となり全体相場の上値を重くした。16日の日米首脳会談の結果を見極めたいとの思惑もあり、買いが手控えられた。国内で大阪府をはじめ新型コロナウイルスの感染者数が再び拡大傾向にあることも警戒されている。東証1部の値上がり銘柄数は全体の57%を占めたが、売買代金は2兆円をわずかに上回る水準で低調だった。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.