本日のポンコツぶり

2021.12.9_本日のポンコツぶり

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

ー2,033

(前日比 ー8,400

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【個別銘柄動向】

ジーニー【6562】は反落

前日比ー35円ー4.23%)で着地。

出来高は前日の半分以下に減少。寄付きから右肩下がりで下落し、ほぼ安値引け。

ディ・アイ・システム【4421】は反落

前日比ー7円ー0.75%)で着地。

出来高は前日比で1/4ほどに減少。寄りつき後以降はほぼ取引なし。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)

152,270円

本日の実績:取引なし

 

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

75,000

+2,270

-72,730 0.03%
月間

6,250

-8,800 -8,800

-140.8%

 

【コメント】

本日の日経平均は前日比ー135円と反落しました。

保有株の含み損益は前日比ー8,400円となっています。

ジーニーの下落が大きかったのが響きましたね。

明日は週末を控え、続落でしょうか・・・?

【市況】

日経平均は135円安で反落。メジャーSQを控え利益確定売りが優勢

日経平均株価
始値  28827.32
高値  28908.29(09:31)
安値  28725.47(15:00)
大引け 28725.47(前日比 -135.15 、 -0.47% )

売買高  9億8472万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆3166億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は3日ぶり反落、前日までの急騰の反動で利食い優勢
 2.前日は欧州株安で米国株も上値の重い展開、目先買い疲れ感も
 3.新型コロナのオミクロン株への懸念後退も米インフレ圧力警戒
 4.11月の米CPIの結果を見極めたいとの思惑も働き買い手控え
 5.メジャーSQ算出を控え、米株先物を横目に持ち高調整の売り

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比35ドル高と小幅に3日続伸した。オミクロン株の感染拡大への懸念が後退し、アップル<AAPL>やウォルトディズニー<DIS>などが買われた。

 東京市場では、主力株をはじめ総じて利益確定売りが優勢な地合いとなり、日経平均株価は下値を試す動きとなった。ただ、下げ幅は限定的だった。

 9日の東京市場は、朝方は強弱観が対立。前日終値を挟みもみ合いの動きで、プラス圏で推移する場面もあったが、徐々に売り優勢に傾いた。前日の欧州株市場が軟調だったほか、米国株市場では主要株指数が揃って上昇したものの上値が重く、買い疲れ感も垣間見えた。東京市場でも日経平均が直近2営業日で900円を超える上昇をみせていたこともあって、目先利益確定の売りが優勢に。新型コロナウイルスのオミクロン株に対する懸念が和らぐ一方、米国のインフレ圧力が警戒され、10日に発表される11月の米CPIの結果を見極めたいとの思惑も買いを手控えさせた。後場に入ると、明日にメジャーSQ算出を控え、軟化する米株価指数先物を横目にポジションを軽くする動きが強まった。ただ、下値も固かった。東証1部の売買代金は2兆3000億円台にとどまり、11月25日以来の低い水準。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.