今週のポンコツぶり

2020_47week_今週のポンコツぶり(11/24-27)

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

日経平均

26,644.71

【前週末比 +1,117.34+4.38%)】

確定損益

なし

含み損益

-850

【前週末比 +38,000

個別銘柄進捗

ジーニー:922円

【前週末比 +80+9.5%)】

トビラシステムズ:1,706円

【前週末比 +49+2.96%)】

ディー・ディー・エス:249

【前週末比 -1-0.4%)】

コメント

今週も日経平均は大きく上昇し、祝日が一日あったにも関わらず前週末比+1,117円と値を上げています。これだけコロナ第3波が懸念されて時短営業やGo toの地域制限がなされている中なのですが、ちょっとどこまで上がるのかわからないですね・・・。マザーズの方は先週から落ち着いている状況ではありますが・・・。一先ず、政府や自治体のコロナ第3波に対する施策関連については注視しておこうと思います。

保有株の方は、今週で含み損がかなり縮小しました。現時点でー850円です。要因としてはジーニーの上昇が大きく、先週末と比較して+10%近く値を上げています。直近高値であった928円も超えており、次に意識されるのはコロナ前につけた970円でしょうか。いよいよ4ケタの株価が現実味を帯びてきました。DDSが大きく下がったたときに乗り換えようかと思った時期もあったのですが、乗り換えておけばよかったですね・・・。

さて、いよいろ忘年会シーズンに突入していきますが、この時期に時短要請となると飲食関係はトドメを刺されるかの如く、大ダメージですね。逆にリモートでの忘年会が増え、自宅で消費される缶ビールなどの酒類が大量に消費される感じでしょうか。年末商戦も含め、各業界がコロナ禍でどんな対応や工夫を見せてくるのか、企業ごとで明暗がくっきり分かれそうですね。

15万円チャレンジ

以下、確定ベースでの今週の実績です。

週間実績:取引なし

現在の総資産:186,000

日経平均が大きく上昇する中、DDSは前週末比マイナス着地と振るわずでした。含み損も引き続きー2万円を超えており、確定させるには勇気がいります・・・。一応通期で黒字を見込んではいるものの、個人的にはあまり期待していないので、引き続き対応は要検討といった感じですね。

今週の記事

月曜は祝日のため、休場

2020.11.24_本日のポンコツぶり

2020.11.25_本日のポンコツぶり

2020.11.26_本日のポンコツぶり

2020.11.27_本日のポンコツぶり

今週の株式市況

■今週の相場ポイント
 1.日経平均は4週連続で上昇、4営業日続伸で合計値幅は1100円超
 2.新型コロナ感染拡大も株価の下押し材料とならずリスクオン相場継続
 3.米株市場のNYダウ3万ドル台乗せ、ナスダック最高値などが追い風
 4.ドコモのTOB成立に伴うパッシブファンドの売却資金再投資観測も
 5.週末にかけて日経平均はおよそ29年7ヵ月ぶりの高値を連日で更新

■週間 市場概況
 今週の東京株式市場は日経平均株価が前週末比1117円(4.38%)高の2万6644円と4週連続で上昇した。4週間の上げ幅は3667円に達した。

 今週の東京市場は前週後半の新型コロナウイルス感染者数の急増で慎重ムードとなった地合いとは別世界の強さだった。新型コロナ感染拡大の流れはむしろ加速している状況だが、そこには目をつぶってワクチン開発期待を背景とした景気回復に向けた思惑や、一段の金融緩和期待を買うという、いいとこ取りの強気相場が繰り広げられた。立ち会い日数は4日間だったが、上昇一服場面はなく、週末にかけ29年7ヵ月ぶりの高値を連日更新した。NTTドコモ <9437> のTOB成立に伴い、TOPIX連動型パッシブファンドのドコモ売却に伴う巨額余剰資金再投資の動きも、全体相場の押し上げ要因になったとみられる。

 3連休明けの24日(火)はリスクオンの流れが一気に強まり4営業日ぶりに日経平均は急反発となった。新型コロナワクチンの開発期待に加え、バイデン新政権での財務長官にイエレン前FRB議長が選出されるとの思惑がポジティブ材料となり、日経平均は一時700円を超える上昇をみせる場面もあった。25日(水)は前日の米国株市場でバイデン新政権への移行が順調に進むとの見方が強まり、NYダウが初の3万ドル大台に乗せたこともって、リスク選好の地合いが波及した。ただ、後場は「東京都が飲食店などに営業時間短縮を要請する見通し」と報じられ上げ幅を縮小した。26日(木)は前日の米国株市場で今度はナスダック総合指数が2ヵ月半ぶりに最高値を更新、半導体などハイテク株高の流れを東京市場も引き継いだ。日経平均は利食い圧力を吸収して1991年4月以来およそ29年7ヵ月ぶりの高値圏に浮上した。27日(金)は朝方こそ強弱感対立のなかやや売り優勢で始まったが、下値では押し目買いが高水準で、日経平均は切り返し、結局100円あまり上昇して引けた。連日で29年7ヵ月ぶりの高値更新となった。

引用元:株探

-今週のポンコツぶり
-,

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.