本日のポンコツぶり

2020.7.9_本日のポンコツぶり

ポンコツ
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

ー5,233

(前日比 -17,100

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【コメント】

ジーニー【6562】は反落

前日比-1円-0.17%)で着地。

後場に入って一時617円まで上昇するも、すぐに調整。その後は目立った動きなく、取引終了。

ニーズウェル【3992】は反落

前日比-25円-3.37%)で着地。

寄り天となり、すぐに下落。後場に入ってもヨコヨコの動きとなっていたが、大引け前に一段と下げて取引終了。

トビラシステムズ【6095】は続落

前日比-39円-2.09%)で着地。

前場は前日比プラス圏で推移も、後場に入ってジリ下げ。結局前日比マイナスで取引終了。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)144,200円

本日の実績:取引なし

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

37,500

-5,800

-5,800 -15.5%
月間

6,250

-5,800 -5,800 -92.8%

【市況】

日経平均は90円高で3日ぶりに反発。米株高追い風にハイテク株が押し上げ

日経平均3日ぶりに反発した。前日の米株式市場では、ウイルス感染の再拡大や米中対立深刻化への懸念などがありながらも、ハイテク株の上昇が終始下値を支え引けにかけては大きく上昇した。この流れを受けて、日経平均も小幅上昇してのスタートを切った。ただ、寄り付き前に発表された5月機械受注が市場予想を上回った割には小幅な上昇に留まっており、その後も、前場は寄り付き直後の水準でもみ合っていた。後場に入ってからは上値追いの展開となり、一時は前日比で200円超の上昇幅をみせ、22679.08円まで上伸する場面があった。ただ、その後は、これから本格化する4-6月期決算を見極めたいとするムードや、新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多となる220人以上確認されたことが重しとなり、大引けにかけて上げ幅を急速に縮めた。東証1部の売買代金上位では、主に半導体を中心とするハイテク株の上昇が主体だった。

大引けの日経平均は前日比90.64円高の22529.29円となった。東証1部の売買高は11億7582万株、売買代金は2兆2220億円だった。セクター別では、情報通信、電気・ガス、電気機器、証券・商品先物取引、非鉄金属などが上昇率上位となった一方、空運、不動産、鉄鋼、金属製品、海運、ガラス・土石などが下落率上位となった。東証1部の値上がり銘柄は全体の27.3%、対して値下がり銘柄は68.9%であった。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.