本日のポンコツぶり

2020.11.9_本日のポンコツぶり

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

-35,650

(前日比 +23,200

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【コメント】

ジーニー【6562】は反発

前日比+21円+2.64%)で着地。

出来高は増加傾向。寄付きからゆっくりと上昇も、大引けにかけて失速。

トビラシステムズ【6095】は反発

前日比+40円+2.58%)で着地。

日経平均大幅高の中、前場は軟調に推移。後場に入って一気に上昇して一時1,600円台をつける場面あるも、すぐに調整。

ディー・ディー・エス【3782】は反発

前日比+7円+2.44%)で着地。

寄付きから大きく上昇も、後場に入ってからはヨコヨコ。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)

181,600円

本日の実績:取引なし

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

37,500

31,600

-5,900 84.3%
月間

6,250

0 0

0%

【市況】

日経平均は514円高で5日続伸。バイデン氏勝利がほぼ確定で連日の高値更新

日経平均株価
始値  24568.84
高値  24962.80(13:16)
安値  24541.28(09:02)
大引け 24839.84(前日比 +514.61 、 +2.12% )

売買高  12億2787万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆6493億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅高で連日の高値更新、一時600円超の上昇も
 2.米大統領選はバイデン氏勝利がほぼ確定、目先不透明感が払拭
 3.新型コロナ感染再拡大や円高などのマイナス材料には反応せず
 4.米株先物指数の上昇やアジア株高が強気相場を助長する展開に
 5.7-9月期企業決算の回復色も追い風、売買代金も高水準が続く

■東京市場概況

 前週末の米国市場では、NYダウは前日比66ドル安と5日ぶりに反落した。新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念や週末を控えて利益確定の売りが優勢となった。

 週明けの東京市場ではリスク選好ムードが加速し、日経平均株価は大幅高に買われ、一時上げ幅は600円を超える場面があった。米大統領選はバイデン氏の勝利がほぼ決まったことで先行き不透明感が払拭された。

 9日の東京市場は、リスクオンの流れが一段と強まった。日経平均は朝方高く始まった後も次第に上げ幅を拡大させ、後場に入ると一段高となり一時600円高超に買われ2万5000円台回復を意識させる場面もあった。米大統領選はバイデン氏の勝利がほぼ確定したことで、先行き不透明感が払拭された。一方、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることに加え、外国為替市場で1ドル=103円台前半まで円高が進んでいるが、足もとこれを警戒する動きは見られない。企業の決算発表が終盤を迎えるなか、総じて7-9月期の回復色が顕著で、好決算銘柄を物色する動きも全体相場を押し上げた。中国・香港などアジア株市場が総じて高く、米株価指数先物も買われていることで投資家心理を強気に傾けた。東証1部の売買代金は2兆6000億円台と高水準だった。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.