本日のポンコツぶり

2020.11.11_本日のポンコツぶり

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

-51,050

(前日比 +17,500

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【コメント】

ジーニー【6562】は反発

前日比+40円+4.96%)で着地。

出来高少ないながらも反発。IRの発表もあり、寄付きから上昇基調。高値引け。

11/10発表:国内外ユーザー20,000社 国内最大級GENIEE SSP  イスラエルのDSP「Persona.ly」と連携

11/11発表:ジーニー、GENIEE DSPにおいて AIを利用した自動入札機能の提供を開始

トビラシステムズ【6095】は反発

前日比+9円+0.60%)で着地。

寄付きから急落して一時1,443円の安値をつけるも、そこから徐々に値を戻し、最終1,500円台を回復して高値引け。

ディー・ディー・エス【3782】は反発

前日比+4円+1.40%)で着地。

寄付き直後に少し売られたが、すぐに回復。その後は290円前後でヨコヨコ。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)

186,000円

本日の実績

売り

【4439】東名:1,290円(利益確定)

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

37,500

36,000

-1,500 96.0%
月間

6,250

+4,400 -1,850

70.4%

【市況】

日経平均は444円高で7日続伸。ワクチン開発期待で2万5000円台を回復

日経平均株価
始値  25145.66
高値  25401.30(12:31)
安値  25145.66(09:00)
大引け 25349.60(前日比 +444.01 、 +1.78% )

売買高  16億8320万株 (東証1部概算)
売買代金  3兆4841億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅高で7日続伸、2万5000円台を回復
 2.ワクチン開発期待で景気敏感株中心にリスク選好の流れ継続
 3.ナスダック下落続くも東京市場はハイテク関連も強い動きに
 4.東証1部の74%の銘柄が上昇、33業種中30業種が高い
 5.売買代金は前日は下回るものの約3兆5000億円と高水準

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比262ドル高と続伸した。米製薬大手ファイザーが9日に新型コロナワクチンの治験で高い有効性を示したと発表したことが引き続き好感された。

 東京市場では、リスクを取る動きが一段と強まり日経平均株価は上値追いを加速、終値で2万5000円台を大きく回復した。

 11日の東京市場は、引き続き主力株を中心にリスクオンの流れに乗る形で、日経平均は勢いよく上昇する形となった。米国株市場ではワクチン開発期待を背景とした経済正常化への思惑が投資家心理を強気に傾け、景気敏感株中心に買いを呼び込んでおり、この流れに追随する地合いとなった。また、米国ではハイテク株比率の高いナスダック総合指数は連日で大きく下げたものの、きょうの東京市場では半導体などハイテクセクターも強い動きを示し、全体相場の上昇を後押しした。前日の日経平均は急騰後に上げ幅を大きく縮小させたが、きょうは朝方高く始まった後も漸次水準を切り上げる強調展開が際立った。全体の74%の銘柄が上昇し、業種別では33業種中30業種が上昇。東証1部の売買代金は前日の水準には届かなかったものの3兆5000億円近くに達した。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.