本日のポンコツぶり

2020.11.10_本日のポンコツぶり

ケルン
応援頂けると励みになります!宜しくお願い致します!

【株式指数】

【保有株】

【含み損益】

-68,550

(前日比 -32,900

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ なし

【コメント】

ジーニー【6562】は反落

前日比-11円-1.35%)で着地。

寄り天となり、終日下落基調。後場に一時800円を割る場面あるも、なんとか800円台をキープ。

トビラシステムズ【6095】は続落

前日比-80円-5.03%)で着地。

寄り天となり、寄付きから急落後はジリ下げ。後場に1,500円割れの場面あり。

ディー・ディー・エス【3782】は反落

前日比-8円-2.72%)で着地。

出来高は前日に比べて上昇。寄付き後の大きく下落し、すぐに値を戻したが、後場に入って再び大きく下落。

【15万円チャレンジ 😎 】

現在の総資産(確定ベース)

181,600円

本日の実績:取引なし

  目標 進捗 ± 進捗率
年間

37,500

31,600

-5,900 84.3%
月間

6,250

0 0

0%

【市況】

日経平均は65円高で6日続伸。景気敏感株が買われ一時2万5000円台を突破

日経平均株価
始値  25087.30
高値  25279.94(09:07)
安値  24833.18(13:52)
大引け 24905.59(前日比 +65.75 、 +0.26% )

売買高  20億6535万株 (東証1部概算)
売買代金  4兆0746億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は6日続伸で朝方に2万5000円ライン突破
 2.ワクチン開発期待からNYダウは一時1600ドル超の急騰
 3.米株急騰を受け景気敏感株中心に買われるも後半は伸び悩む
 4.空運、不動産、鉄鋼など買われ、半導体やゲーム関連は軟調
 5.売買代金は4兆円を上回り、5ヵ月半ぶりの高水準に膨らむ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前週末比834ドル高と大幅に反発した。米医薬品大手ファイザーが開発中の新型コロナワクチンが臨床試験で高い有効性を示したと発表したことを受け景気敏感株中心に買いが優勢となった。

 東京市場では、景気敏感株を中心に買いが入り日経平均株価は上値追いを継続。ただ、朝方は400円超の上昇で2万5000円台を大きく回復したものの、その後は急速に伸び悩みマイナス圏に沈む場面もあった。

 前日の米国株市場でNYダウが一時1600ドルを超える急騰をみせるなど、リスクオンの流れが加速したことを受け、本日の東京市場も大きく買いが先行して始まった。米国では製薬大手のファイザーが新型コロナウイルスのワクチン開発の臨床で好結果を得られたことを発表、これが強気相場を後押しする格好となった。ただ、これまで売り込まれていた銘柄が買い戻される一方、先駆して買われていたハイテク株などは売りに押されナスダック総合指数は大きく下げる展開となっており、東京市場でもこの資金シフトの動きが反映される形となった。空運や陸運、不動産、鉄鋼、金融セクターなどに買いが集まる一方、半導体など電機セクターやゲーム関連・オンライン関連といったコロナ禍で買われた銘柄に売られるものが目立った。東証1部の売買代金は4兆円を上回る活況ぶりで5月29日以来約5ヵ月半ぶりの高水準だった。

引用元:株探

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.