本日のポンコツぶり

2020.1.21_本日のポンコツぶり

【株式指数】

【保有株】

含み損益  +100前日比 -500

【取引】

買い ・・・ なし

売り ・・・ 【3997】トレードワークス -10,800円-8%

【市況】

日経平均は218円安で4日ぶり大幅反落。新型肺炎懸念され先物主導で反落

日経平均は4日ぶり大幅反落。

20日の米国市場はキング牧師誕生日の祝日で休場だった。

積極的に取引を手掛ける材料に乏しいなかで、本日の日経平均は10円安からスタートすると、朝方は小動きが続いた。

しかし、10時を過ぎたころから株価指数先物に売りが出て下げ幅を急拡大。

新型肺炎の拡大懸念から香港株が大きく下落したことなども重しとなり、引けにかけて23843.48円(前日比240.03円安)まで下落する場面があった。

なお、日銀が金融政策の現状維持を決定したが、相場への影響は限られた。


大引けの日経平均は前日比218.95円安の23864.56円となった。

東証1部の売買高は9億1259万株、売買代金は1兆6704億円と引き続き薄商いだった。

業種別では、空運業、鉄鋼、化学が下落率上位だった。

一方、建設業、パルプ・紙、輸送用機器が上昇率上位だった。

東証1部の値下がり銘柄は全体の48%、対して値上がり銘柄は46%となった。

引用元:株探

【コメント】

ジーニー【6562】は寄り天後見せ場なし

前日比-7円-1.20%)で着地。

ヨコヨコ継続。出来高3,600と少なく、大きな動きなし。

共和コーポレーション【6570】も出来高少

前日比+4円(+0.60%)で着地。

ジーニーと同じ出来高3,600。前日比微増も、大きな動きなし。

トレードワークス【3997】を損切り

5%を超える下落の際は損切りをするつもりだったので、速やかに損切り実行。今回は前期の決算説明資料の”Q4に案件が寄っているだけで、会社計画通り順調に推移している”という文言を信じて購入した部分が大きく、あまり企業内容について理解しないまま購入してしまったのは反省すべきところ。あのQ3のコメントはダマされた気がして腹立たしいが。。。

当ブログの「学ぶシリーズ」で学んだ知識を活用しながら、もう少ししっかりした購入理由をもって取引に臨むべし。

-本日のポンコツぶり
-

Copyright© ポンコツ投資家の思考回路 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.